2016年01月05日

総会・講演会を終えて

 総会では、今期の活動報告がされ、来期の活動方針についての提案がありました。
 本会における活動をより良いものとしていくこととともに運営委員の負担についての見直しについても話し合い、会として継続していくためにはどうしていくのかに着目した議案となりました。当日は、講演会と並行しての総会であったため、より具体的には次回の定例会までにメーリングリストなどの会員との連絡ツールを利用して情報を共有しつつ、定例会で詰めることとなりました。

 講演会は、運営委員と会員のみの内内のものとはなりました。
 四宮先生の話は、裁判員裁判制度の目的や到達点を再認識できるものであるとともに、どうして裁判員となったのかの委員会内での意見対立などの裏話も聞くことができ、勉強になりました。
 田口さんの話は、ご自身の裁判員経験を話すことができる範囲でお話しいただいたので、裁判員を経験したことがないものとしては全くの未知のものであり、なかなか聞くこともできない裁判員の実情、裏側を聞くことができて、大変興味深いものでした。
 講演をしてくださった四宮先生と田口さんには、重ね重ね感謝申し上げます。 
posted by saiban at 01:21| Comment(0) | イベントのお知らせ&報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: